誰にも言えないような深い悩みを抱える経営者の方へ

エグゼクティブ
カウンセリング

社員にも家族にも経営者友達にもなかなか相談できない深い悩みをお抱えではありませんか?

ビジネスやプライベート問わず、そのような経営者の深い悩みに対して心理学的なアプローチで個別サポートいたします。

通常のカウンセラーと違い、事業・経営に対しても知識・経験が豊富にあるため、実践的かつ効果的な経営者のメンタルケアが可能です。

一度お気軽にご相談ください。

 よくあるご相談例

  •  事業も軌道に乗って順調であるにもかかわらず強い不安が消えない。
  •  自分の実績や能力を認めることができずに苦しんでいる。
  •  社員や経営者仲間の前では作った自分を演じてしまって疲れてしまう。
  •  事業に対して妻の理解が薄い。支えてくれない。足を引っ張られる。
  •  楽しくない。ワクワクしない。虚しくなる。
  •  何を目標にしていいかわからなくなった。
  •  社員とも家族とも人間関係がうまくいかない。孤独を感じる。
  •  ついつい仕事漬けになってしまい疲れ果ててしまう。
  •  自分一人で頑張ってしまう。周りを信頼できない。常にイライラする。
  •  女性関係をはじめとしてプライベートで様々な問題を抱えていて誰にも相談できない。
  •  倫理的・道徳的にまずい問題があって立場上誰にも相談できない。

 お客様の声

 組織崩壊寸前、離婚の危機など他には相談できない内容を相談できました

(ITサービス会社 代表取締役 M様)


社内でのマネジメントがうまくいかず、組織崩壊寸前のところで、びりかんさんにサポートを依頼しました。

当時のことをあまり思い出したくないのですが、簡単にまとめると

  • 組織内で派閥が出来て内紛が起きている(そしてそれをすべて社長の私に相談され、まったく事業推進が出来ない)
  • 問題行動をたびたび起こす社員がいて、やめてもらうように話したら、「労基署に行く」と脅される
  • 社員と幹部が対立して、社内の空気感が最悪、まったく統制が取れていない

    など、とにかくひどい有様でした。

    私自身も、社長でありながら、毎週日曜日の夜になると、「明日会社に行きたくないな…」とまるでやる気がないスタッフのような精神状態。本当にどん底の状態でした。

    今でも覚えているのですが、びりかんさんに最初に言われたのが、

    「社長はこうすべき、という常識ではなく、○○さんがどうしたいのか、どういう組織を作りたいのか。これをまず一緒に考えていきましょう」

    ということでした。

    いわれてみると、純粋なわくわくで会社を始めたはずが、いつの間にかスタッフが増えて、社員の一挙手一投足にびくびくするようになってしまって、自分の起業当初の純粋な気持ち(原点)みたいなものを完全に忘れていました。

    なので、まずは、「自分はこういうことをしたいんだ!」と本当にわがままな意見を出して、びりかんさんに聞いてもらい、具体的なステップにわけて、アクションプランを考案してもらい、実行していきました。

    社員と話しあいを重ね、もちろん衝突もたくさんありましたが、結果、今では、かなり自分が理想とするような組織形態・働き方ができるようになりました。

    また、自分は、結婚してから奥さんに隠れて、風俗に通い続けていたのですが、それが奥さんにばれて、家に帰ったら離婚届けが置いてあるというような、夫婦関係の最大の危機があり、そんなプライベートの話もびりかんさんには相談しました。

    覚悟を決めて、お互い、日頃から言いたかったことやこれからの夫婦生活でどんなことをしたいのか腹を割って話しました。

    そうしたら、色々なトラブルがあったのにむしろ関係が改善して、今も仲良く一緒に居ます。(しかも結果、風俗が許可されました笑)

    びりかんさんの魅力は、カウンセリングのような内面のメンタルケアをやってもらいながら、ビジネス・マネジメントの実務レベルでも高いサポートをいただけることですね。

    具体的なアクションステップを決めるので、行動に落とし込んでいけます。

    社長が心の底から腹をわって相談出来る人って周りにいないことが多いので、本当に助かりました。

    ありがとうございました。

  •  カウンセリングを受ける前からは考えられないほど、仕事も人間関係も楽しくなりました。

    (コンサルティング会社 代表取締役 T様)


    びりかんさんとはもう10年以上前から知り合いで、当初は卓越したマーケティング戦略を勉強させてもらっってました。

    今も 相談内容はカウンセリングがメインですが、経営戦略・マーケティング、新規事業の立ち上げ、組織戦略・採用も必要に応じてまさにCOO的に相談にもってもらっています。

    おかげさまで、広告・マーケティングはまったく困ったことはなく、起業してから一度も集客が問題になったことはありません。常に採用・リソース不足のみがボトルネックです。

    リソースを増やすため、どんどん採用するのですが、社員が4人程度までは自分で見れたので問題なかったのですが、5人以上になったらとたんにマネジメントの問題が発生しました。

    具体的には社員同士でいがみあうようになりました。

    かなり経営の勉強はするほうだったのですが、戦略マーケティングは得意でしたが、組織に関しては、才能も知識もなく、採用組織づくりのすべてが手探りで、私は採用も教育も相当苦手でした。

    今でも採用はすこし面接するだけで、社員さんに任せています。

    どのくらい知識がなかったかというと、自分よりすこし 年上の同性の男性社員を何人も雇っていました。

    私もプレイヤーとして一生懸命に作業をしている間はうまく言ってましたが、経営者として、作業をしなくなったら、年下に雇われる・命令されるのがプライドを傷つけるのか、とたんに私も社員も心身に不調を来たして辞めて行きました。

    一人採用しては一人やめる、という状況が3年以上続きました。

    私も心のつらさを埋めるために週に6日一人でバーやキャバクラに行くようになりました。

    集客は変わらず問題がないので、お金はあるので、今ではなぜそんなことをしたのかわかりませんが、愛人が3人もいて、稼いだお金は納税と女性ですべて消えていきました。

    当時から、コーチングはお願いしている人はいたのですが、女性コーチで表面上は真面目な「売り上げはどうしたいですか?」などの経営目標を話していました。

    考えの整理としてはよかったのですが、「残業がすくない職場を作って素晴らしい経営者ですね」「お子さん、奥さんを大切にするイクメンで素晴らしいですね」と言われるたびにかえって苦しい思いをしていました。

    私の本当の問題は社内社外での人間関係でしたので、何ヶ月も「物足りないなあ。本質的でないなあ。褒められて逆につらいなあ」と思ってコーチを受けていました。

    ある時、「人間関係で苦しくて、キャバクラの女性と付き合っています」と言ってみたら、「それはまったく理解できません」とゴミを見るような目で言われて、そのコーチングは終わりました。

    事業・経営以外では認められないような、自分がATMと見られているような気がして悲しい気持ちになりました。

    その後に高名なものすごく高い先生に指導を受けました。

    納得できる部分も多かったのですが、「君は実力があるから将来は海外でも通じるような大きなビジネスを一生懸命やりなさい」と言われました。

    ポテンシャルはそうなのかもしれませんが、お金はその時でも足りていたので、お金が増える喜び、必要もありませんし、社員が5人超えたくらいで人間関係に苦しんでいる私は、そんな大きなビジネスをやったら組織マネジメントに苦しむに決まっています。

    すばらしいサービスをたくさんの人に提供できれば世の中に貢献出来るかもしれませんが、自分の苦しさが明らかに増えるのに、そのような道に進むことは選択できませんでした。

    引き続き悩んでいる時に、ふとしたときにセミナー告知でびりかんさんと再開しました。

    セミナーの後にすこしお話をして、すぐにエグゼクティブカウンセリングをおねがいしました。

    びりかんさんは本当に経験も奥深いですし、物の見方、感じ方がニュートラルですので、「ああ、私はなんでこんなしょうもないことに悩んでいたのか?」という気づきがすごく多いです。

    最初のカウンセリングでも、「なぜか妻もいるのに、彼女が3人もいるんですよねー」という相談からはじまり、「彼女と遊んで楽しいですか?」「はい、楽しいです」「楽しいことをやって感じるのも大事ですから、気にせずどんどんやりましょう」というすばらしい助言をもらいました。

    考えてみると、小さい時から、「優秀でなければならない、稼がなければならない」と家からも周りからもいわれていて、自分は仕事は好きですが、お金は特に興味がないのに、無理に真面目にしていた、ということがわかりました。

    それから3年が経ち、優秀なマネージャーも育ち、普段の仕事はほとんど任せることができるようになり、自分はやりたい新規事業だけをやればよい環境になりました。

    自分が勝手に 思い込んで自縄自縛状態になっていた凝り固まった考えをほどいてくれるので、自分に素直に、本当に自分が望むことができるようになりました。

    妻とは好きでなくても子供もいるのでどうなるかわかりませんが、本当に好きな彼女と毎週楽しく会えて、カウンセリングを受ける前からは考えられないほど、仕事も人間関係も楽しくなりました。

    子供二人私立医学部に行っても、老後もまったく問題ないくらい稼いでも、私は日々まったく幸せだと思えませんでしたが、今では世間体や他人は関係なく、自分が好きでやりたいことばかりするようになり、とても楽しくなりました。

    事業がある程度うまくいっても、なんか幸せに感じない、日々苦しい・不安だ、という方は、是非一度びりかんさんにご相談してみることをオススメします!

     対応カウンセラー

    信國 大輔
    株式会社びりかん 代表取締役 信國 大輔

    経営コンサルタントとしてこれまでに支援した企業は100社以上。

    その中で多くの経営者の深い悩みの相談も受けることが増え、心理学やカウンセリング・コーチングなどの知識・技術を元に個別サポートを開始。

    相談内容は多岐に渡り、事業の悩みだけでなく、経営者個人のメンタル改善(自己肯定感が持てないなど)、配偶者や家族・彼女・愛人・友人などとの悩みやトラブルに対してもサポート。

    ジャンル問わず公私ともに経営者が笑顔になるための幅広いメンタルケアを行っている。

     サポート内容

    月1回もしくは隔月1回、2-3時間程度の経営者との個別MTGを実施。

     無料相談・お問い合わせはこちら

    社員にも家族にも経営者友達にもなかなか相談できない深い悩みをお抱えではありませんか?

    ビジネスやプライベート問わず、そのような経営者の深い悩みに対して心理学的なアプローチで個別サポートいたします。

    通常のカウンセラーと違い、事業・経営に対しても知識・経験が豊富にあるため、実践的かつ効果的な経営者のメンタルケアが可能です。

    一度お気軽にご相談ください。

     よくあるご相談例

      自分の実績や能力を認めることができずに苦しんでいる。
      社員や経営者仲間の前では作った自分を演じてしまって疲れてしまう。
      事業に対して妻の理解が薄い。支えてくれない。足を引っ張られる。
      楽しくない。ワクワクしない。虚しくなる。
      何を目標にしていいかわからなくなった。
      社員とも家族とも人間関係がうまくいかない。孤独を感じる。
      ついつい仕事漬けになってしまい疲れ果ててしまう。
      自分一人で頑張ってしまう。周りを信頼できない。常にイライラする。
      女性関係をはじめとしてプライベートで様々な問題を抱えていて誰にも相談できない。
      倫理的・道徳的にまずい問題があって立場上誰にも相談できない。

     お客様の声

     組織崩壊寸前、離婚の危機など他には相談できない内容を相談できました

    (ITサービス会社 代表取締役 M様)


    社内でのマネジメントがうまくいかず、組織崩壊寸前のところで、びりかんさんにサポートを依頼しました。

    当時のことをあまり思い出したくないのですが、簡単にまとめると

  • 組織内で派閥が出来て内紛が起きている(そしてそれをすべて社長の私に相談され、まったく事業推進が出来ない)
  • 問題行動をたびたび起こす社員がいて、やめてもらうように話したら、「労基署に行く」と脅される
  • 社員と幹部が対立して、社内の空気感が最悪、まったく統制が取れていない

    など、とにかくひどい有様でした。

    私自身も、社長でありながら、毎週日曜日の夜になると、「明日会社に行きたくないな…」とまるでやる気がないスタッフのような精神状態。本当にどん底の状態でした。

    今でも覚えているのですが、びりかんさんに最初に言われたのが、

    「社長はこうすべき、という常識ではなく、○○さんがどうしたいのか、どういう組織を作りたいのか。これをまず一緒に考えていきましょう」

    ということでした。

    いわれてみると、純粋なわくわくで会社を始めたはずが、いつの間にかスタッフが増えて、社員の一挙手一投足にびくびくするようになってしまって、自分の起業当初の純粋な気持ち(原点)みたいなものを完全に忘れていました。

    なので、まずは、「自分はこういうことをしたいんだ!」と本当にわがままな意見を出して、びりかんさんに聞いてもらい、具体的なステップにわけて、アクションプランを考案してもらい、実行していきました。

    社員と話しあいを重ね、もちろん衝突もたくさんありましたが、結果、今では、かなり自分が理想とするような組織形態・働き方ができるようになりました。

    また、自分は、結婚してから奥さんに隠れて、風俗に通い続けていたのですが、それが奥さんにばれて、家に帰ったら離婚届けが置いてあるというような、夫婦関係の最大の危機があり、そんなプライベートの話もびりかんさんには相談しました。

    覚悟を決めて、お互い、日頃から言いたかったことやこれからの夫婦生活でどんなことをしたいのか腹を割って話しました。

    そうしたら、色々なトラブルがあったのにむしろ関係が改善して、今も仲良く一緒に居ます。(しかも結果、風俗が許可されました笑)

    びりかんさんの魅力は、カウンセリングのような内面のメンタルケアをやってもらいながら、ビジネス・マネジメントの実務レベルでも高いサポートをいただけることですね。

    具体的なアクションステップを決めるので、行動に落とし込んでいけます。

    社長が心の底から腹をわって相談出来る人って周りにいないことが多いので、本当に助かりました。

    ありがとうございました。

  •  カウンセリングを受ける前からは考えられないほど、仕事も人間関係も楽しくなりました。

    (コンサルティング会社 代表取締役 T様)


    びりかんさんとはもう10年以上前から知り合いで、当初は卓越したマーケティング戦略を勉強させてもらっってました。

    今も 相談内容はカウンセリングがメインですが、経営戦略・マーケティング、新規事業の立ち上げ、組織戦略・採用も必要に応じてまさにCOO的に相談にもってもらっています。

    おかげさまで、広告・マーケティングはまったく困ったことはなく、起業してから一度も集客が問題になったことはありません。常に採用・リソース不足のみがボトルネックです。

    リソースを増やすため、どんどん採用するのですが、社員が4人程度までは自分で見れたので問題なかったのですが、5人以上になったらとたんにマネジメントの問題が発生しました。

    具体的には社員同士でいがみあうようになりました。

    かなり経営の勉強はするほうだったのですが、戦略マーケティングは得意でしたが、組織に関しては、才能も知識もなく、採用組織づくりのすべてが手探りで、私は採用も教育も相当苦手でした。

    今でも採用はすこし面接するだけで、社員さんに任せています。

    どのくらい知識がなかったかというと、自分よりすこし 年上の同性の男性社員を何人も雇っていました。

    私もプレイヤーとして一生懸命に作業をしている間はうまく言ってましたが、経営者として、作業をしなくなったら、年下に雇われる・命令されるのがプライドを傷つけるのか、とたんに私も社員も心身に不調を来たして辞めて行きました。

    一人採用しては一人やめる、という状況が3年以上続きました。

    私も心のつらさを埋めるために週に6日一人でバーやキャバクラに行くようになりました。

    集客は変わらず問題がないので、お金はあるので、今ではなぜそんなことをしたのかわかりませんが、愛人が3人もいて、稼いだお金は納税と女性ですべて消えていきました。

    当時から、コーチングはお願いしている人はいたのですが、女性コーチで表面上は真面目な「売り上げはどうしたいですか?」などの経営目標を話していました。

    考えの整理としてはよかったのですが、「残業がすくない職場を作って素晴らしい経営者ですね」「お子さん、奥さんを大切にするイクメンで素晴らしいですね」と言われるたびにかえって苦しい思いをしていました。

    私の本当の問題は社内社外での人間関係でしたので、何ヶ月も「物足りないなあ。本質的でないなあ。褒められて逆につらいなあ」と思ってコーチを受けていました。

    ある時、「人間関係で苦しくて、キャバクラの女性と付き合っています」と言ってみたら、「それはまったく理解できません」とゴミを見るような目で言われて、そのコーチングは終わりました。

    事業・経営以外では認められないような、自分がATMと見られているような気がして悲しい気持ちになりました。

    その後に高名なものすごく高い先生に指導を受けました。

    納得できる部分も多かったのですが、「君は実力があるから将来は海外でも通じるような大きなビジネスを一生懸命やりなさい」と言われました。

    ポテンシャルはそうなのかもしれませんが、お金はその時でも足りていたので、お金が増える喜び、必要もありませんし、社員が5人超えたくらいで人間関係に苦しんでいる私は、そんな大きなビジネスをやったら組織マネジメントに苦しむに決まっています。

    すばらしいサービスをたくさんの人に提供できれば世の中に貢献出来るかもしれませんが、自分の苦しさが明らかに増えるのに、そのような道に進むことは選択できませんでした。

    引き続き悩んでいる時に、ふとしたときにセミナー告知でびりかんさんと再開しました。

    セミナーの後にすこしお話をして、すぐにエグゼクティブカウンセリングをおねがいしました。

    びりかんさんは本当に経験も奥深いですし、物の見方、感じ方がニュートラルですので、「ああ、私はなんでこんなしょうもないことに悩んでいたのか?」という気づきがすごく多いです。

    最初のカウンセリングでも、「なぜか妻もいるのに、彼女が3人もいるんですよねー」という相談からはじまり、「彼女と遊んで楽しいですか?」「はい、楽しいです」「楽しいことをやって感じるのも大事ですから、気にせずどんどんやりましょう」というすばらしい助言をもらいました。

    考えてみると、小さい時から、「優秀でなければならない、稼がなければならない」と家からも周りからもいわれていて、自分は仕事は好きですが、お金は特に興味がないのに、無理に真面目にしていた、ということがわかりました。

    それから3年が経ち、優秀なマネージャーも育ち、普段の仕事はほとんど任せることができるようになり、自分はやりたい新規事業だけをやればよい環境になりました。

    自分が勝手に 思い込んで自縄自縛状態になっていた凝り固まった考えをほどいてくれるので、自分に素直に、本当に自分が望むことができるようになりました。

    妻とは好きでなくても子供もいるのでどうなるかわかりませんが、本当に好きな彼女と毎週楽しく会えて、カウンセリングを受ける前からは考えられないほど、仕事も人間関係も楽しくなりました。

    子供二人私立医学部に行っても、老後もまったく問題ないくらい稼いでも、私は日々まったく幸せだと思えませんでしたが、今では世間体や他人は関係なく、自分が好きでやりたいことばかりするようになり、とても楽しくなりました。

    事業がある程度うまくいっても、なんか幸せに感じない、日々苦しい・不安だ、という方は、是非一度びりかんさんにご相談してみることをオススメします!

     対応カウンセラー

    信國 大輔
    株式会社びりかん 代表取締役 信國 大輔

    経営コンサルタントとしてこれまでに支援した企業は100社以上。

    その中で多くの経営者の深い悩みの相談も受けることが増え、心理学やカウンセリング・コーチングなどの知識・技術を元に個別サポートを開始。

    相談内容は多岐に渡り、事業の悩みだけでなく、経営者個人のメンタル改善(自己肯定感が持てないなど)、配偶者や家族・彼女・愛人・友人などとの悩みやトラブルに対してもサポート。

    ジャンル問わず公私ともに経営者が笑顔になるための幅広いメンタルケアを行っている。

     サポート内容

    月1回もしくは隔月1回、2-3時間程度の経営者との個別MTGを実施。

     無料相談・お問い合わせはこちら

    △ PAGE TOP