社長、あなたの右腕作ります!〜ベンチャー・中小企業経営テクニック集〜

社長のかわりに幹部や社員を鍛えたりヤル気にさせるブログです。100社以上支援実績のあるベンチャー・中小企業専門コンサルタントが、事業推進や組織体制構築、新規事業企画、プロジェクトマネジメント、新規採用のコツ、社員のモチベーションアップ、マネージャ育成・チームビルディングなどあらゆる経営課題の実践的な企業経営ノウハウを解説。

中堅・中小企業における人事評価制度の役割・基本の考え方

      2017/12/30

[2017/11/22 メルマガ配信記事:担当 石川英明]

出典:ぱくたそ

 

今回は、主に中堅・中小企業における人事評価・報酬制度の役割や基本となる考え方をご紹介します。

  • 社員数が増えたので、評価報酬制度の作成に取り組もうとしているが、何を基準に考えたらいいのかわからない。
  • 既に評価制度はあるが、社員のモチベーションやパフォーマンスの向上と噛み合っていないように感じており、見直しを検討している。

このような状況の経営層・人事責任者の方へ本記事が参考材料になりましたら幸いです。

 

企業における人事評価・報酬制度の役割・基本の考え方

はじめに「社員を評価する制度がない」というのはどういう状態なのでしょうか?

これは、その企業で働く社員からすると「値段の分からない寿司屋で食事をする不安」みたいなものが常につきまとうような状態になります。自分が何をしたら、何をしなかったら、大事な給料が上がるのか、下がるのか、その指針が全く示されないので、右往左往してしまう、という状態です。

だから、評価制度は絶対に必要!というわけではありませんが、企業規模が拡大するにつれて、社長自ら全社員を評価するのは限界もあり、会社としての「指標」として評価制度を整えることには価値があります。

 

また、評価制度は社員のモチベーションとも深く関係します。しかし、ここで注意したいのは、評価制度によって「社員のモチベーションをあげる」ことは難しい、という点です。

評価報酬制度とは、ハーズバーグの「二要因理論(動機付け・衛生理論)」でいうところ「モチベーションを下げる要因をなくす」という部分になります。

※ハーズバーグの二要因理論(動機付け・衛生理論):アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した仕事における満足と不満足を引き起こす要因に関する理論。労働条件や給与は、充足すると不満足感が減少するが、積極的な満足感を増加させることはない

 

 

基本的には、評価報酬制度をしっかりと作ったところで、社員のモチベーションはあまり上がりません。(社員のモチベーションが上がるのは、やりがいや成長の実感、チームワークの良さなどの方が大きいのです)

しかし、評価報酬制度が整っていないと社員のモチベーションを確実にさげていってしまいます。

 

人事評価・報酬制度作成の観点

まず評価の観点ですが、実際に評価制度を作成する際にお勧めしているのは「経営陣の口癖」や「経営陣のイライラポイント」を元につくるということです。

「スピードが大事だ!」という口癖ならば、評価観点にスピードが入っているべきですし、「社員のITリテラシーが低くてイライラする」ということがあれば、評価観点にITリテラシーという項目があるべきなのです。

というのも、最も社員からすると困るのは、上司は毎日のように「●●」と言ってくるのに、評価観点にはその項目が一切入っていない、といようなことです。それを頑張っても評価されないのに、それを頑張ることを日々は求められる、というのは大変なストレスです。

目標に対する達成度合いを評価する、というのも一つの基本になります。この場合、期首に目標設定面談を行い、十二分に目標について上司と部下ですり合わせをすることが重要になります。

要素としては

  1. 難易度は適切か
  2. 具体的に認識があっているか
  3. 本当にその目標は会社への貢献になるか

の3点を確認しながら、すり合わせしていきます。

1.難易度は適切か

難易度が高すぎると「どうせ無理」と社員は諦めてしまいます。また、となりの人の目標は簡単で、自分の目標は難しすぎると不公平に感じてやる気を失います。

なので、難易度の調整はとても大切です。

 

▼「適切な難易度の設定」参考記事はこちら

仕事における適切な難易度設定の重要性

中小企業の成長しない社員を自ら頑張らせる方法とは?

 

2.具体的に認識があっているか

具体的な認識のすり合わせも重要で、期末の段階で「君は目標達成はC評価だね」「え?自分はA評価だと思ってましたが・・・」となっては困るのです。こうなってしまうのは、期首の目標設定の段階での具体性が足りなかったのです。

しっかりと認識のずれが起こらないような具体性を持った目標設定を行いましょう。

※そもそもこの変化の激しい今の時代に期首に、1年分の目標を具体的に決められるのか?という論点は重要であり、そのために「目標を設定しない」「No Rating」という考え方が出てきてもいますが、これについては別の機会に。

 

3.本当にその目標は会社への貢献になるか

そしてもちろん、その目標の達成が会社に貢献することかどうかはチェックしてください。例えば「今年中にTOEIC600点を取る」というのが、業務上重要な場合もあれば、全く関係ない場合もあるでしょう。その点は上司がしっかりと判断する必要があります。

また、定性要素、定量要素のバランスなどもよく考える必要があります。

例えば、サッカー選手を評価する要素を考えると

  • 大目的:勝つことが重要
  • 勝つためには得点を増やし、失点を減らすことが重要
  • 定量的に測れるのは得点のみなので、選手は全員「得点数」で評価する

としたら、これは大問題ということが分かるでしょう。DFもMFも関係なく、全員点を取りに行ってしまいます。

では「勝つためには走ることが重要だ」ということで、“走行距離”といった要素で評価しようとしたとします。そうすると今度は、試合に関係なく、ひたすら走り続ける選手が高評価ということになってしまいます。

つまり、定量評価には限界があるのです。

試合に勝つためには、選手の「フィジカル」「スキル」「戦術理解」の3つが重要だと考えたら、この3つを評価項目に入れる必要があるわけです。そして、割り切って定性評価を行うことが適切な場合が多いのです。(定量評価のみにこだわって、大量の定量評価観点を使おうとすると、その運用負荷はものすごく大きなものになってしまいます。プロ野球選手のようにはできないのです)

 

評価と報酬は連動させるべきなのか?

評価と報酬は連動させるべきなのか、というのも重要な論点であり、様々な考え方がありますが、ここでは「ある程度は連動させるべき」という考え方に則って話を進めていきたいと思います。

私たちは基本形として

  • 評価の高低をつける(S評価、A評価、B評価など)
  • 評価の高低によって「固定給の昇給率」と「賞与の分配率」を連動させる
  • 賞与は、期末の利益と連動させる

ということを提示し、ここから、会社の考え方によってカスタマイズするという方法でご支援しています。

これは例えば10人の会社で、「利益が2000万円出た。その中から賞与原資とするのは20%の400万円である。単純計算すると一人当たり40万円の賞与となるが、評価が高い人は50万円、評価が低い人は30万円などにもなる」といったような形になります。

どこまでオープンにし、どこまでクローズにするかなども、会社によって最適解は変わりますが、基本形をここにしてそこからカスタマイズしていくと短期間で納得のいくものが作りやすいのです。

短期的なお金でモチベートしたいのか、終身雇用に近く永く働いて欲しいのか、全社利益を部署役職関係なく全員で目指してほしいのか、利益は考えずによい仕事だけをして欲しいのか、などを考えながら調整していきます。

 

また、別の観点で「評価」ということにおいては、どうしても外せないのが「評価者」の人格、人望というのは観点です。

言ってしまえば当たり前ですが、人は誰しも「信用できない」「信頼していない」「この人は倫理的に問題がある」といった人間から、評価を受けることを好みませんし、その評価を真に受けません。

「君はダメだ。C評価だ」と言われたところで「よし、次はA評価取れるように頑張ろう」とは思えなのです。「なんでこんなやつが自分の上司なんだろう・・・」と思ってしまいます。

評価というのは、究極を言えば(実際には相対評価が重要なときもありますが)、「全社員にA評価をとってもらい、そのことによって会社が繁栄する」というのが理想です。A評価を取りたい!と社員が思うためには、評価者の人格・人望といったものはどうしても影響する要素なのです。

ですから「評価者研修」「管理職研修」といった、幹部を育成するプログラムが重要にもなり、またそもそも「この人は、人の上に立たせて評価者にしてよいか?」という昇格の判断も重要になります。

プレイヤーとして優秀で結果をしていても、評価者に必要な人格・人望を兼ね備えているとは限らないからです。

 

人事評価制度を作ることへのリスク

ここまで、人事評価制度の役割や大事な要素をご紹介してきましたが、人事評価制度を作ることにもリスクはあります。

人事評価制度を作ることの主なリスクは、運用の負荷、という面です。

ちゃんと評価制度を機能させっていこうと思うと、どれだけ少なくても「期首の目標設定面談」「期末の評価面談」は必要になります。

この二つをいっぺんにやっている会社も多くあるので、最低限は「年1回の評価・来期目標設定面談」ということになります。年1回に頻度で、適切に評価したり、目標設定したりできるかというと実際には難しいので、四半期に一度行う、といったことになってきます。

そうすると、現場の負荷はなかなか大きなものになっていきます。

 

いかがだったでしょうか。以上、今回は評価報酬制度についてご紹介しました。

 

株式会社びりかんでは、評価制度作成の代行や相談も承っております。

▼ 無料相談窓口はこちら
http://www.belicoun.co.jp/contact.php

事業推進・COO代行サービス

 - 中堅・中小企業における【人事評価制度・報酬制度】, [執筆者]石川英明 , , , ,